物流システムとは

blog_smalogi20160229

物流システムは、基本的に物流会社が荷主の商品を管理する為に利用するシステムを呼びます。WMS(Warehouse Management System)とも呼ばれます。

物流システムの役割として重要なPOINTは、下記の2つがあげられます。
 

1つ目は、お客様の資産である在庫を間違いなく管理ができるという事。
2つ目は、物流会社の資産である、人材が効率的に作業を行う事が出来るという事。

 

1つ目の在庫を正しく管理するという事はプロとして正しく管理することは当然の事ですが、システムを利用せずに管理することは不可能です。
誤出荷は、お客様である荷主のその先のお客様へも迷惑をかけてしまう事になりますので、会社の信用を失います。
もちろん在庫の誤差が大きければ、任せることが出来なくなります。つまり仕事がなくなります。
更に、不明在庫については補てんなどが発生し会社の利益低下にもつながります。
在庫の誤差率を下げるために、物流システムは不可欠です。
 

2つ目は、物流会社は、荷主の商品を扱うので誰でも(商品知識がない)作業が行える必要があります。
自社の倉庫は、経験で何とかなるかもしれませんが、物流会社は、システムの指示通りに動けば、間違えずに効率的に作業が行えるという事が必要になります。

また、物流会社の売上は、人がものを動かす時に発生する費用がメインの収益となりますので、いかに効率的に仕事が行えるのかという事は売上を左右する大きな課題です。

例えば、出荷する商品を棚から集めてくる。これが1ついくらと決まっているので
なるべく短い時間で多くの商品を集めることが求められます。

逆に、どこになにが置いてあるか分からないので、1個を探すのに何分もかかるようでは、仕事になりません。
その為に、物流システムでは、入荷や出荷が効率良く行えるように様々な運営ノウハウが詰め込まれています。
 
blog_smalogi20160229_02
 
以上が物流システムの大きな役目といえると思います。

私は、EC運営を長年やってきたものとして、EC運営者こそ、物流システムを使うべきだと思っています。

この次は、物流システムで何ができるのかもう少し掘り下げて説明します。